プルクラさん我が家へ

プルクラを探すこと1ヶ月、名古屋市内の熱帯魚屋の入荷情報はくまなく目を通した。
しかし、ついに見つけることはできなかった。

スネークヘッドのような中型~大型魚は何年も生きるので、出来るだけショップで状態や見た目を自分の目で確認してから買うべきだと思っているし、通販サイトでは大体が個体の写真ではなくサンプル写真しかなかったりいつ入荷したものなのか分からない状態なのも多い。
エア飼育のイメージを高めるために色んな熱帯魚通販店を見て値段を比較してみたり妄想したりするのが最近の日課だったのだが、”あくあしょっぷ石と泉”のプルクラページの説明文に

当店では、発色の強い個体、背鰭のスポット数が多い個体など、1ずつ選んで掬ってきておりますので、どの個体も素晴らしい個体です!

とあった。

「どうせ宣伝文句で書いてるんじゃないの~?」と疑いつつも同店のTwitterページからログを漁ると8月に入荷した旨と、こんな個体を選んで持ってきたという証拠の写真がアップされているではないか!
もっと安いお店もいくつかあったが、スネークヘッドの専用ページがあったりと拘りを感じさせる石と泉に賭けてついに”ポチ”ったのであった。

その日のうちに入金を済ませ、水曜日の朝ワクテカしながらクロネコヤマトを待つ。

channa_pulchra-packing

来ました。コンニチワ。

は~可愛い!

channa_pulchra-packing2 channa_pulchra-packing3

ショップが「発色している個体やスポットの特徴的な個体を選んで~」と書いてあった通り2スポットで、輸送後の上に袋に入った状態でも青みが分かる非常に、非常に良い個体を送って頂きました。
ありがとう石と泉さん!

水温を合わせるために浮かばせた状態で既に袋越しに見えるアカヒレ相手にめちゃくちゃアタックを繰り返しており活きは抜群です。


アカヒレ…
愛着あるんだよな…
プルクラ迎えたら食わせばいいやとか思って入れてたけど、バンバン稚魚生むし…
というかサテライトとか買ってきて思いっきり稚魚隔離して育ててるしな…

気づけばペットショップに。
水槽は昔のベルツノのお古が外に転がってるのでとりあえずヒーターと温度計購入。
余ってた水作とエアポンプがあるから濾過はそれでいいだろう…
アクアリウムは決めた予算からドンドン溢れてゆく…

というわけでサブで35cmを立ち上げ稚魚サテライトとアカヒレを隔離。
早速入念な水合わせを点滴法で。やっとプルクラを袋から出すことができます。
水槽に移した直後にバックスクリーンに向かって顔を膨らませていて一瞬ビクッとなりましたが、エア飼育によって得られた知識があったので「あぁこれが威嚇か~」としみじみ。

fish_tank
とりあえずこんな感じの環境です。

クラウンローチは恐らく5cm強くらいしかなく、プルクラがまだ13~15cmというところですが十分ターゲットになりうるサイズです。
先にクラウンローチを買ったのは少しでも大きくして食われないようにという考えがあったのですが、勢い余って通販でプルクラを買ってしまったので不安がかなりありました。(一日でクラウンローチにもメロメロになっていたし…)

様子をしばらく見ていましたが、目の前にクラウンローチがいるとプルクラは一瞬だけ加速し10cmくらい突っ込んでいきますが、クラウンローチはすぐに察知して更に早い速度で30cmは逃げるしプルクラも追うことはないので大丈夫かな?

本当は初日餌を与えるつもりはなかったのですが、夜になってクラウンローチが寝た後は確実に食われる気がしたのでプルクラにカーニバルとクリルを食わせてお腹を膨らませておきました。
……そもそも水槽に入れて5分くらいでクラウンローチの食べ残しのコリタブの残骸を拾い食いしてたし(苦笑)

夜、暗い水槽を眺めるもクラウンローチが一切見当たらず「あーあ、これはアカンかったか~」と思って気持ちの整理をしていましたが翌朝クラウンローチはケロッと泳いでいて一安心。
3方向から入念に目を凝らしたのに一体どこに隠れていたのだろう?