自作簡易ヒュミドール

シャグ(煙草の葉)を加湿するためのヒュミドールをちょちょいと作ってみた。
まぁ買っても200~300円なんですが、いくつか必要になるし、そこにお金出すならシャグ買いたいしなぁというわけ。

ネットで適当に検索してサーフィンしていると、いわゆる”携帯用ヒュミドール”の中身は”オアシス”と呼ばれるあの花を生けるスポンジ状のフォームらしい。
そしてそこに目をつけた先人達の製作レポが色々と出てくる。
大体は化粧品のクリームケースみたいな丸くて小さいプラケースに穴を開けてオアシスを入れていたので真似しようと思いダイソーへ。

件のケースはあったんだけど、もっと良い物はないものかと店内を探していたら、ありましたよ!うってつけのものが!
egi_case
ルアーの針に付けるカバーで、手頃な大きさで穴が開いていて開閉できるというピッタリなアイテム。12個入って108円!安い!
(エギってイカを釣るための道具なんだけど、それ用のカバーを売っているダイソーって一体・・・なんかすぐに消えそうというか既に在庫限りになってそうだ)

egi_naibu
よく見ると突起が左右に2本ずつ付いていて、これで更にオアシスをガッチリ掴みそうな作り。

egi_kami
丸みまではやる必要ないので適当に長方体にしてケースで噛み付いて終わり。

shag_case
スーパーで汲んできた水に浸してからシャグに投入。
タッパーといい何から何までダイソーにお世話になっている。