日記 漫画とゲーム

日記 漫画とゲーム

今更ながら金色のガッシュを読破。
連載当時に10巻当たりまでは読んでたんですが(弟がコミックスを買っていた)、その後全く読んで無かったのですが評判がすこぶる良いので気になっていたんですよね。
以下ちょっとネタバレあり。

いやぁ~面白い、熱い。
王道バトル物少年漫画では屈指の出来じゃないでしょうか?個人的にはワンピースやナルトなんかよりしっかり中身が詰まってて良いですね。
まぁそれらのようにジャンプの人気作品の場合は引き伸ばし強要があるからなのか、どうしてもグダる時期がある有るんですよね。
金色ガッシュは序盤こそゆったりだったけど、後半に近づくにつれどんどん加速していくテンポの良い展開が良かったです。
特にキッチリ完結したところ!ここ大事!
熱いシーン、シリアスなシーン、和ませるゆるいシーン、ギャグシーン、これらのバランスが絶妙。
バトル漫画のメインである戦闘も、この漫画では根底に有るのが「守る」なのかなと。
よくある「悪いやつを倒す」よりも「悪いやつから守る」が非常に多い(というか殆ど)。
まぁ守るってことは結果的に倒すんだけど、金色ガッシュの場合は誰かを守るために散ってゆくキャラクターが多くそれがまた涙を誘う。
bari-
一番好きなバリー。登場から良い空気を出していましたが、この最後はこの漫画で一番のかっこよさでした。
この後のパートナーとのやりとりとそのセリフはマジでシビれました。読んでみてください。
惜しむべくは折角あれだけ強くても強敵と戦うシーン無く消えていったところかな。

wonrei
ウォンレイ散る。
リィエンとウォンレイは一貫したキャラクターで長く登場しましたが、最高にカッコイイ最後でした。というか雷句さんのこういう表現がすごい。
上のバリーもこのウォンレイも同じく「大事なものを守る」です。
2chまとめサイトかなんかで目にした「ガッシュって児童図書に指定してもいいよな」っていうの、すっげー同感。
この上なくシンプルに「仲間を大事にする」「人は変われる」なんていうテーマを表現できていて良いと思う。子供が読んでも大人が読んでも楽しめるザ・少年漫画って感じで。
人間ではフォルゴレ、魔物ではバリー・ダニー・ブラゴ当たりがツボでした。
最後のクリア編は冗長とか言われたりしてますが、フォルゴレのカバさんの話があるだけですべてがチャラになると思います。

昔読んだなぁって人は年を経て大人になった今読むと違った面が見えたり、当時あまり気にしていなかったキャラクターの良さを見つけれたりと楽しいですよ。おすすめ。
しかし、小学館とあれだけ揉めてたのによくこれを描ききったなぁとしみじみ。本当恐るべきプロ根性です。脱帽。
アイキャッチ画像にした最終巻の表紙が死ぬほどいいです。読み終えてこの表紙を見るとこみ上げるものがありました。
雷句さんのどうぶつの国も読んでみようかなぁ~

Hearthstone始めました。
CBTの時から知人に誘われていましたが、カードゲームということでハマるとヤバイと思って断って来たんですが無料でもアリーナとかで楽しめるとかなんとか聞いたのでOBTの先日より参戦。
おい、アリーナ金かかるじゃねえか!
ラダーリセットされたせいか、妙にレジェンダリーとか出してくる奴がRankedにいてボコられる。
Warrior、Paradin、Druid当たりが気に入りましたがWarriorとDruidはカード有りきなのかな?ParadinはBasicDeckでもハマれば結構勝てていい感じ。