インフィルコンことOmni Arcade Stick

2012年のInfiltrationの衝撃的活躍により「なんだあれは」「ボタンが多いぞ」「怪しい!」なんて言われていたインフィルコン。
まぁ普通に韓国etokkiというメーカーのアーケードスティックです。

基本データ(三和エディション)

互換性 Xbox360,PS3,PCでの単体での動作
本体ケース 世界中で扱われるすべての有名メーカーに対応したマウント性
天板 クリアパネルなので自由にカスタマイズ可能
レバー JLF-TP-8YT-SK
メインボタン OBSF-30
その他のボタン OBSF-24
サイズ 35cm x 24cm x 6cm
重量 3.3kg
ケーブル長 3m

というわけで、XBOXとPS3両対応しているので上部ボタンが4個あるわけです。(PSホームボタン、しいたけボタン、スタートボタン、セレクトボタン)
公式サイトの画像では左から二番目を頂点に右肩下がりのブラスト配置ですが海外レビューサイトやフォーラムでの購入報告を見る限りはビューリックス配置かと思われます。

ふーど、ときど、ラフ、インフィルトレーションの4名

ふーど、ときど、ラフ、インフィルトレーションの4名


しかし上記の写真を見るとインフィル選手が使っているのは1~3で上がっていくHORI配置風のボタン配置。
私の推測では本体のエッジが摩耗により剥げたりしており相当長く使い込んでるように見受けられるのでプロトタイプ品なんじゃないかなぁと思ってます。
(ちなみにインフィルは右側の6つのボタンで操作するので実質的にはビューリックス配置で使用中という感じ。)

内部構造
omni_case
omni_case2
ケースはコの字型の鉄板二枚が組み合わさっており、余計な凹凸もないのでかなり広々とスッキリとした印象。
カスタマイズの土台としても優秀でしょう。
天板のボタンアサインなんかが書いてあるプリント部分はステッカーなのでアクリルを外してはがしてしまえばシンプルな真っ黒に。

買おうと思ってたけど、問い合わせたら「売り切れててごめん、ユニットが足りなくて今集めてるから来週またチェックしてみて」と言われて1ヶ月以上経過しても音沙汰ないのでもう買えないのかなぁ。