Path of Exile ビルドガイド

Path of Exile ビルドガイド

最近また新しいビルドで楽しくなってきたので、なんとなくビルドの組み方について書いてみようと思う。
PoEにおいて最も面白い部分がビルドを考える事だからね。


STEP1.方向性を決める

まずビルドを組むにあたって、戦闘スタイルを決める。
始めたての内はどんなものがあるのかすらも分からないから難しいかも知れないが、現在(※執筆当時2013/4)主流なのは以下。

  • Witch – サモナー型、ダブルトーテム型、FP型、EK型、Power Siphon型
  • Templar – サモナー型、ダブルトーテム型、FP型、Power Siphon型、EleCleave型、盾型
  • Ranger – LA型、RoA型、physical型、二刀流型、Frenzy特化型
  • Marauder – FP型、EK型、盾型、2Hメイス型、二刀流型
  • Duelist – LA型、二刀流型、盾型、両手武器型
  • Shadow - EK型、ダブルトーテム型、盾型、二刀流型、FP型

ぶっちゃけDuelist以外あまり詳しくないので見かけるようなやつを適当に羅列。「型」がゲシュタルト崩壊。

・FP(Freezing Pulse)やEK(Ethereal Knives)、LA(Lightning Arrow)型はそのスキルをメインとして確立されているもの。
・サモナー型はゾンビ・スケルトン・スペクターの3種類を駆使するが、強いレアMobを捕まえるRaise Spectreをメインに据えたり、ゾンビ・スケルトンで物量で行く人もいる。
・二刀流は主にElemental CleaveかPhysical Cleaveが多いが、CycloneやFlicker Strikeを使うタイプもある。
・盾型は便宜上まとめたが、いわゆる1H武器+盾のオーソドックスなタイプ。使いたいスキル(もしくは武器)に応じて変わる。魔法を使うタイプもこれに当てはまってしまうが、一応Meleeの1スタイルとして記述した。Lightning StrikeやGround Slum、CleaveなどのMelee AoEを用いる。
・魔法ビルドの場合CI型が大体派生する。Chaosダメージを無効化する変わりにLifeが1になるので、EnergyShieldを詰んでいくやつだ。

STEP2.ビルドの土台を組む

ここからは例を用いながら実際に組んでみる。
まずUnofficial Offline Skilltree CalcからツールをDLしよう。

まず目標を決める。
とりあえずDuelistでニ刀流、Elemental Cleaveは良い武器が手に入らないと厳しいのでphysicalで。
そうだな、回避も残してArmour・Evasion・Block共有し硬めにする。
オーラを貼りたいからBlood magicには行かない。
攻撃速度を積む。(超スピードだッ)
折角だからクリティカルを取ってCrit Physical Cleaveという感じしよう。

とまぁ適当にそれらしく構想したら、とりあえずPassive Treeで打ち込んでみる。
ちなみにクエスト報酬のスキルポイントは各週6point貰え、Deal with the Banditsにて3人とも殺す選択をすることで各+1。Lv1スタートなので99+21で最大120ポイントである。

そして、DuelsitでスタートするにあたってMeleeの場合はもう決め打ちでも良い土台がこれ。
考えがまとまらなくても、育てながらここまでは入れ込んでも良いと思うくらい安定。
build-guide1
1~4は取得順を書いてみたが、無視して欲しい。というより2と3は逆のほうが良い。
細かいことを言うならばMaster of the ArenaからAccelerationまで行き、Water DancingからGolem’s Bloodまで行くのが私のよくやるパターン。Mana flowsは後でもイイしマナがキツいと思えば早めで。
この画像の通りで37point使用、報酬の+6を考慮すると2週目に入る辺りだろう。

STEP3.ビルドを煮詰める

STEP2の土台からその先を考えよう。
目安として60ポイント時点と80ポイント時点くらいで構想し、ほぼビルド完成は90ポイント辺りで。(75レベルで92point使用)

STEP2で考えたスタイルを目指しながら適当に組んでみた。
build-guide4
とりあえず左下のArmour&Evasion群を取り、Attack Speedが欲しい一心でひたすら上に突き進んだ形。
この先の展望として、最北端のAccelerationの先には3つのLifeノードとMental Acuityがあり理論的には非常に高い攻撃速度とクリティカル率を誇る。
見た目の通り歪だが、非常にアグレッシブなビルドである。(HCでは絶対に無理)
そして夢物語のカンスト想定でこうなる。
build-guide-sippai

はずだったのだが…

このビルドではPoEのエンドコンテンツたるMapsを周るにはあまりにも脆弱だった。
もちろん攻撃面は申し分なく、1秒間にCleaveを5回振り回すという鬼神のごとき腕力であったがLifeを後回しにしたがゆえに、肝心のレベルの上がりづらい時間帯で死に続け一向に目標へ近づく事ができなかったのである。
もうお分かりのように、これは実際に私がDuelist Buffパッチの際リセットされたスキルポイントによってやらかした失敗例の実体験である。

こういった失敗をしないためのビルド構築時の最重要ポイントはそう、Lifeである。
特定のビルド(CI型)なんかを除いた場合、Life配分が非常に大事になる。特に今回はMeleeだ。
私が考える最低条件として230% Life。よっぽどじゃない限りどんなギアでもこれくらいは欲しい。
これより低い場合、そのビルドはoffensive passiveに振りすぎていると思っていい。

Meleeビルドを作る際に以下を考慮すること。

Life系ノード分布

Life系ノード分布

  • 周辺にあるLifeノードの位置を把握し、更にその近辺に何か使えそうなもの、発展性のあるものを見つけていく。
  • これは取りたいというKeystoneとNotableを選択する。
  • とりあえず上記のKeystone,Notableと取れそうなライフを全部取ってみる。こだわりがあるならばArmourやEvasionなどの防御系も。
  • 残りのポイントで取れそうな攻撃系Passive、効率が良さそうなPassiveを取得してみる。

上記と失敗例を踏まえ、Twin TerrorsとArrow Dodgingを取り、更にはArmourとEvasionを高めた場合どうすべきかをここで改めて考えなおしてみた。
build-guide-new
いくつかのCritとAttack speedは諦め、Frenzyを取得した。
92point使用でLife228%。際どいギリギリの値だが、一応Armour102%、Evasion96%だから、それなりのギアを持っているなら問題はないと思われる。

しかしながらTwin Terrorsを取るための5pointはハードルが高く、これを取るということは他のマスタリー系Passiveをほぼ諦める形になる。(一応左下のBravadoを取ってはみたが…)
実際問題Twin Terrorsを取るか下記のソード系ノード群を取るかは二者択一である。
PCoCの登場でクリティカルビルドにまた新しい風が吹き込んだとは思うが、「クリティカルかマスタリーか」これはなかなかな難しい課題かと思われる。
sword-node

このように、「これを取ったからこれを諦める」「これを取ったからついでに側にあるこれも取る」みたいな試行錯誤をしていくことがビルドの醍醐味である。
Enjoy :)