Blizzardの凄さ

別に更新をサボっていたわけでもなく、ただ書くことがなかったので久しぶりの更新です。
最近はもっぱらSC2を知り合いと遊んでいます。
基本的にRTSの才能がなく、昔知り合いにAoCを誘われてやっていた時もどうしてもシムシティしちゃう体質です。

そんな私なので、上のStatusのようにダイヤの知り合いと2on2をしていても足を引っ張り続けるのでやっとシルバーという始末。申し訳ない。

SC2ではBattle.netのマッチングが秀逸だったりなんてことは散々既出なのですが、マップエディターが相当高性能らしくユーザー作成のカスタムマップが大量に出回っていてとても面白いのでいくつか紹介していきます。
どれもラダーで荒んだ心を癒してくれます。

Roach Snake

昔懐かしいスネークゲーム。1on1での対戦可能で、目標の長さまで先に伸ばしたほうが勝ち。
そんな何回もやるものでもないけれど、息抜きになります。

ZergHunter RPGシリーズ

動画は誰かのGameplayです。
これはHeroユニットをゲーム開始時に選んでプレイする4人同時プレイのRPG。
ゲームのオープニングイベント後に始まりますが、要所要所でイベントや会話が発生し、ちゃんとRPGになっているのがすごい。
武器や防具、アクセサリーを買ったりレベルを上げてスキルを覚えたりしながらストーリーに沿って進行していくのがメインで、装備アイテムにはnormal, uncommon, rare, epicの4ランクがありBossを倒すと良い物をドロップしますが壮絶な取り合いが発生します。
一つ目しかまだやっていませんが、part5までのシリーズ作品みたいです。結構プレイ時間掛かりますので疲れます。

One Button Mayhem

ボタンひとつで遊べるカジュアルゲーム。
Zキーを押すと下のバーが伸びるのでキー離すタイミングでユニットが出てきます。
意外と熱いけど、息抜きで。

Bomberling Arena

ボンバーマン。
この手のゲームはいろんな人が思いつくみたいで、同じボンバーマンをテーマにしたマップでも作った人によってシステムが微妙に違ったりしてそれぞれ面白いです。
身内4人で遊んでいましたが、この動画のやつが一番良くできていると思いました。

Storm of the Imperial Sanctum(SotiS)

大本命!通称SOTIS。所謂DotAです。
Blizzardが公式にDotAを出すと言っていますが、開発が進んでいるこちらがすごい人気です。
多彩なスタクラHeroが登場、見たことないのもチラホラ。
上のRPGでもそうだったんですが、ゲーム本編に登場しないユニットやオリジナルのモーションやエフェクトとかはどういう仕組になっているか不思議。
人気があるので相当ハマってる人もいそうですが、スキルを覚えてから挑まないとと外人に罵倒されます。
HoNとかをやっていたので勝手は分かったけどスキルがさっぱりでボロクソにされてやめました。

言いたいこと
で、いくつもカスタムマップを紹介して何が言いたいのかというと、従来のゲームでは面白いマップが合ったとしても「DLしてきて、サーバークライアントとゲームクライアントにいれて、サーバーを建てて~」とめんどくさかったりしました。
MODなんぞ入れるには「解凍して、〇〇フォルダの中身を〇〇に上書きして~」などと、ゲームを始める準備に時間がかかる。
SC2ではこれらの手順が一切不要だということにワタクシ、大変感動しました。
無料FPSゲームのようにマップを決めて部屋を建てる。これだけで勝手に必要なものがDLされてもう遊べるんですね。
例えば”ZergHunter RPG”をやろうと思ったらマップサーチに「zerghunter」とかを入れて検索したら出てくるのでそれを選択してCreate gameするだけ!
ひぃえぇーすごい。馬鹿でも出来る。
HL2のMODの”obsidian conflict”なんかもmapファイルだけで様々なルールのものが楽しめてすごいなぁなんて思ってたのですが、Blizzard凄し。
発売は延期しまくるけど、出すときはパーフェクトな物を出してくる。
どこかの会社もBlizzardを見習うべき。

P.S.
“star battle”という戦艦で戦うマップと”Raynor Party”というマリオパーティーから文字っているのだろうか思ってしまうミニゲーム詰め合わせマップをやってみたいと思ってます。