トラックボール使ってます

m570_1
つい先日発売し、非常に好調な売れ行きの”Logicool Wireless Trackball M570“を使ったりしています。
トラックボールファンには「新製品を作ってくれるだけでありがたい!」と言われていたり、過剰なまでに評判の良い物ですが本当によく出来ていると感じます。

元々トラックボールに対して興味はなかったんですが、マウスをゲーム用の低DPI設定の物とブラウジングその他を担当する高DPI設定の物の二刀流(マウスの使い分けは物理的な耐久面でゲーム用の物の寿命も伸びるような気もしますし)だったので、この用途ならトラックボールでも良いんじゃ?ということで調べたりしていたのですが、丁度知り合いがIRCで”M570“の話をしていたのを見て、色々話を聞いて「いっちょ買ってみっか」という運びに。

自分はトラックボールなんちゅうもんは知り合いの家や店頭でしか触ったことがない人間なので詳しい話や比較なんてものは出来ないんですけど、使用感が非常に良いのでそれとなく書いてみようかと。

こんな位置で使ったり

こんな位置で使ったり


まず批判されたりしている無線方式という所ですが、元々トラックボールは動かす必要がなく省スペースが売りなので「無線じゃなくてもいいじゃん」とよく言われていたりしますけど、実際使ってみるとすこぶる使いやすい。
椅子に座ってPCの前にいても姿勢はその都度変化したりしますし、自分なんかも深く腰掛けてリラックスモードだったり多様です。
こういう時に、その体勢で一番楽な位置にスッっと持ってこれるというのはリモコン的な使い方が出来てありがたい。

Logi独自のUnifying製品は良く目にしていたのだけど、使うのはこれが初めて。
なるほどこれは良い物だ。
何もかもがシンプルでやたら小さいレシーバー挿すだけでセットアップが終わるし、レシーバー1機で6台までデバイスが使えるとなると「よし、キーボードでも買ってみるか」なんて思ったりもする。(Realforceがあるので無線テンキーを狙ってます)
旧製品で採用された27MHz帯では非常にシビアな距離でしか使用できないと知り合いも嘆いていましたが、2.4GHz帯になった”M570″では全く以て問題はない(無線LAN等との混線などは指摘されていますが)。
メインクリックの左に設けられたサイドボタン的な物も、見た目以上に押しやすくハード面では申し分ない出来。
不安だったのはソフトウェア周りで、Logiのsetpointは過去の経験から大嫌いだったのだが、”M570“用の物を入れてみたらこちらも完成度が高まっていて驚いた。

無線ということで電池は必要になるが、Logitechの技術力は素晴らしい物でこのトラックボールで単三乾電池1本で公称18ヶ月。
欲しいなぁと先程言ったテンキーなんて3年も持つらしい。うーむ、すごい。

マイナス要因としては右手専用でボールが小さいことだろうか。
マウスからでも移行し易いと言われる親指ボール型なので概ねマウスと同じように使用できますが、トラックボールファンには大玉派だったり、左右対称じゃないと左手で使えないという人がいるのも納得。キーボードの左側に置いて使いたい!というシーンが多々有ります。
ボールについても「もう少し大きかったらもっと操作感が良いのになぁ」と度々感じる。

ともあれ、これで店によっては4000円前後の価格で売られたりしているので私と同じようなトラックボール未経験者にも買い易いのでお勧め出来る製品でした。