シャチ

名古屋の人くらいしかしらないだろうけど、今名古屋港水族館でシャチの「ナミ」が公開されました。
http://www.nagoyaaqua.jp/aqua/topi/20100809/index.html
クーちゃんが来た時は「ナミちゃんじゃないのか、良かった」とか思ってしまっていたので、今回ナミちゃんが来たのはある意味ショック。くじら博物館でのナミちゃんは本当に最高だったし、シャチという生き物の素晴らしさを思い知った存在。不安なのはまず、クーちゃんがレンタル先の名古屋港水族館で死んでしまったこと。
見に行った時のクーちゃんの元気のなさが焼き付いています。
太地のくじら博物館でのナミとクーを何度も見に行ってる身としては、名古屋港水族館ではあの環境は絶対に超える事ができないということ。

くじら博物館ではシャチはプールなんかにはいなくて、海を囲ってある生簀の中、完全に海にいたんだよね。
そしてショーの時以外でも普通にいるし、近くに行ったらトレーナーがいなくても勝手にジャンプしてくれたりファンサービスたっぷり。
ナミちゃんが海底の石を拾ってきて積んで遊んでるのをずっと眺めていた記憶があります。
あの環境から名古屋港水族館のプールに移るのは、やっぱり可哀想だなぁなんて思ってしまう。

今回は5億円での譲渡なので、結局は持ち主が変わったワケで仕方ないことなんですけど悲しい。

名古屋港水族館のネガキャンみたいになってしまったけど、名古屋港水族館は悪くないですよ。
館長さんもスゲーいい人だし。(亀の専門家で、亀を買ってたときにいろいろ聞いた)
入場料高いけど。(私はコネがあるのでいっつもフリーパスで入ってるけど)

名古屋港水族館の写真を見るとナミちゃんは元気そうなので近いうちに観に行こうかと思います。
和歌山県太地の”くじら博物館”はちょっと寂れてるけど、捕鯨文化を学べるので近くまで行く機会があれば一度行くと良い。

関連記事
和歌山県太地沖のシャチ「クー」、ハケン先の名古屋港水族館で死亡
シャチの「ナミ」ちゃん、太地町から名古屋へ移送