dog

twitterの方で何度かつぶやいたんだけど、21日土曜日に、溝の中を朦朧とさまよっているポメラニアンを見つけて保護。
炎天下の中ほっといたら死ぬと思って弟が連れてきたんだけど、俺に任せて本人はどっか出かけやがって。水飲ませて、お風呂に入れて、餌食わせてたらぐっすり眠って大分元気になった。
老犬で目もほとんど見えていないみたいで、どうしたもんかと思っていたんだけど、どうも耳も聞こえてない様子。
まだウチの犬が死んでしまってから期間が短く、おかんもまだ犬を側におくのはきつそうだったので早く解決したいということで張り紙の制作。ペットショップ、動物病院、コンビニ当たりに貼らせてもらおうかな。

と、昨日ここまで書いておいたんだけど、今日月曜日になったので保健所に連絡いれたら飼い主っぽい人から届け出があるようで、無事連絡先を教えてもらえました。

純粋な迷子ならいいけど、めんどくさくなって捨てたとかそういう胸くそ悪い飼い主が平気でいる世の中なので、最悪のケースを想定しながら、見つからなかったら飼うしかないか・・・と覚悟を決めようとしていた頃だったのでとにかく嬉しい。

2010-08-23 20:29追記
飼い主に無事返還。とても大事にしていたことが分かる人でした。目も見えない、耳も聞こえないのでもうだめだと思ってたらしい。
11歳はいってるなぁ、と思っていたんだけどなんと20歳でした。20歳にしては元気すぎる!
食欲もあるし、トイレ行きたいと催促してくるし。
いやぁ良かった!