新年とPCの続き


新年明けましておめでとうございます。

自分へのお年玉として(?)グラボを新調しました。


結局GIGABYTEのGTS250[GV-N250ZL-1GI]にしました。
メモリクロックぐらいしか不安はなかったけど、十分な帯域が確保されてると思うので多分ネックになることはあまりなさそう。

写真やベンチは続きに掲載しました。


開封。
Rev2.1となっておりました。
代理店の写真で見るよりヒートシンクが大きくて迫力がある。
加工も綺麗で重厚感があり、ずっしりと重たい。
ニッケル加工の光沢がすごくて、最初実物を見たときブラックに変更されたのかと見間違えた。
写真ではわかりにくいですがフェライトコアコイルも代理店の写真と異なっており、何かしら変更があった様子。
気になっていたメモリはHynix製だったので安心しました。(samsungメモリゴミすぎる)


取り外したAopen 7900GSとの比較。
一気にパワーアップ!今見るとなんて貧弱なVGAクーラーなんだろう。
しかし7900GSは名機だった、これ自体も3年ほどフルで使って壊れていないですし。
いつか来る余り物パーツ寄せ集めPC構築までの間安らかに眠れ。

GTS250 GPU-Z


65nmとなっているのは仕様なので実際は55nmです。

で、組み込み終わってベンチマーク。
3Dmark06、Tropics、ゆめりあ、バイオ5ベンチと用意したのですが7900GSでバイオ5ベンチ起動すると落ちたりTropicsが起動しなかったりしたので3Dmark06だけにしました。

3Dmark 06 / 7900GS


まぁ古いしこんなもんか。

3Dmark 06 / GTS250 /Driver ver. 196.62


wiki等では最新ドライバ推奨とあったので、取り敢えず最新を入れてやってみる。
7900GSに比べれば格段に上がっているけど・・・
うーん・・・?
どうも他のベンチ結果と符合しない。
この後CSSの試合をしたら固定スケーリングも効かないしどうもおかしい。
ネタ的に1680*1050のモニタのフル解像度でやってみたら流石にスペックのおかげでヌルヌルの130fps以上はキープしてたけど。
その後グラボ付属のドライバを試してみてもスケーリングが効かないので、スレを読みあさって「ドライバ19x.xxではスケーリング効かねえ!」という書き込みを見つけ、XP環境で安定してると言われてる186.18をインスコ。

3Dmark 06 / GTS250 /Driver ver. 186.18


おお、一気にスコアが伸びる。
が、まだ4亀やマイコミのベンチとは差が出る。
総合スコアの差はCPUの差だとして仕方ないにしてもShaderModel2.0や3.0でも結構な開きがある。
メモリクロックがネックなのか・・・?
ドライバなのかなんなのかイマイチ原因が掴めないが、現状で全く問題はなさそうなのでしばらくこのままつかってみよう。
どうせCS1.6みたいな化石ゲームしかやらないし。

ちなみに、うるさいうるさいと言われていた笊ファン搭載でしたが、自分は全く気にならないです。
もともと密閉型HP使ってるし、タバコを吸ったりすると勝手に空気清浄機が起動するし、ケースファンの音とかに軽く埋もれるレベルだと思う。
これが我慢出来ない人がたくさんいるみたいだけど、ちょっと神経質過ぎると思うなぁ。
部屋にデカイ水槽とか置いてたりしたから恒常的な音に慣れてるだけかもしれない。