ブラウザ


ブラウザをSleipnirからFireFox3.xに変えました。
本心、SleipnirのほうがFirefoxに比べて操作性が良いのですがデザイン的なアレでちょっと変えてみました。

Sleipnir:デフォルトで素晴らしい操作性、充実とまでは行かないが拡張性もある。
Firefox:デフォルトではゴミ、カスタムすることによって真価を発揮。

といっても、結局firefoxをカスタマイズしてSleipnirに近づけるだけ。
このスキンを見つけなかったらSleipnirのままだったろうなぁ。

導入したアドオン
・Auteclose Bookmark&History Folders(開きっぱなしのブックマークフォルダーを自動で閉じる)
・Drag de Go(文字列や画像をドラッグでショートカット操作)
・FireGestures(マウスジェスチャーやホイールジェスチャー)
・Gmail Notifier(Gmailの管理)
・IE Tab(レンタリングエンジンの切り替え、IE⇔Gecko)
・Menu Editor(アドオンによって増えすぎた右クリックメニューの管理)
・MR Tech Link Wrapper(長すぎるURLを自動で折り返す)
・Tab mix plus(タブを細かく設定)
・Text link(ttp://などの文字でもリンク)
・MakeLink(URLなどを手軽にコピー)
・Find Toolber Tweaks(検索バーをカスタマイズ)
・No Script(スクリプトの規制)

firefoxの感想
・タブのサイズがタブの量で自動で変わるのが良い
・タブの形がかっこいい(このスキンのデザインだと思われる)
ブラウザのメニュー部分のフォントがSleipnirよりも一回り小さくてスッキリ
・まだ見ぬ素敵なアドオンの数々
・スキンが豊富
・Sleipnirの「SuperDrag Extension」というプラグインに相当する「Drag de Go」だが、クリップボードへのコピーなのが出来ない。これ以外の点では満足。

結論
上級者の為と謳っているSleipnirのほうが普通に使う分にはよっぽど初心者向け。
むしろ、Drag de Goに対抗したSuperDrag Extensionの登場で今のところSleipnirが最強だと思える。
Drag de Goがコピーに対応したら言うことないんだけどなー。
赤い文字の部分の為だけに移行したといっても過言ではない。

Tags: